[アグリゲートトランザクションについての質問]以下の

2018/03/29 02:26
0.5 XEM
NEM
[アグリゲートトランザクションについての質問]

以下の二つの質問です。

①アトミックスワップが相手を信用する前提をおかずに、互いのコインを交換することができるという手順で、アグリゲートトランザクションが複数のトランザクションを一つのセットとしてとりまとめて、該当する当事者のマルチシグが完結した場合に、その全てを「同時」に決済できる機能とした時、アトミックスワップとアグリゲートトランザクションの違いとはなんでしょうか?

僕はアグリゲートトランザクションはアトミックスワップの一種で、アグリゲートトランザクションはより多くのトランザクションを同時に実行できると理解しましたがあっているでしょうか?

②アグリゲートトランザクションが実装された時、店などの決済の時店側がある通貨の決済を導入していた時に、客がもっている違う種類の通貨を同時にDEXを通して店側の通貨に変えて決済できる、ということはできるようになるのでしょうか?

曖昧な理解なので、誰かお答え頂けると嬉しいです!!
A.1
2018/03/31 03:37
個人的な認識は同じです。

アトミックスワップ
・異なる仮想通貨同士で取引が可能(対応通貨間のみ)
・第三者の仲介を省ける
・不正な取引のリスクが減る
『1トランザクションで同タイムスタンプ上で取引が完結する事』とされています。
取引所やメルカリなどの、仲介役が不要となる機能ですね。
しかしやりとりする通貨によっては承認時間や手数料が大きくかかる可能性があるため、細かいやりとりには不向きとされている見方もあるようです。(オフチェーン等を使えば処理の遅さは解決できる等のはなしも)

アグリゲートトランザクションはアトミックスワップの進化系、のようなイメージで見ています。
アトミックスワップはA:Bのやりとりですが、アグリゲートトランザクションはA:B:C:Dでの取引をも可能にする、という見方です。

(ご存知、ご認識の通りかと思いますが、個人的なまとめも含めて書かせていただきました。)

②に関してはアトミックスワップでも可能といえそうです。
アグリゲートトランザクションの実装によって可能になるのは両替もそうですが、支払い時にクーポン的なモザイクを回収する、ポイントカード的なモザイクを付与する、などを全て同時に実行することが可能になるのではと考えております。
実装されてみないとわからない部分も多いですが、アグリゲートトランザクションはあらかじめ『設定』しなければならないのでは、、と思うので
アトミックスワップ=両替・取引特化
アグリゲートトランザクション=↑もまぁできるけど、通貨に限らずさまざまな『契約』の実行や『付加価値』付けが第三者を介さず安全確実にできるようになる!といった違いかなと・・

私も今年に入ってから勉強しだしたまでですので、もし違っていたら申し訳ない…
恐縮ですが、いろいろな方の意見を聞きたいがためにまず自分の意見を述べさせていただきました。

是非他の詳しい方々の返答もつきますよう願っております。
失礼しました。
閉じる

この質問に回答する