カタパルトについて分かりやすく教えてください

2018/03/26 17:44
45 XEM
NEM
カタパルトのベータ版が発表されたそうですが、カタパルトがNEMのパブリックチェーンに反映されると、どんなことができるようになるのでしょうか。できるだけわかりやすく教えていただきたいです。
最も情報量が多く分かりやすかった回答をベストアンサーに選ばせていただきます。
よろしくお願いします。

この質問への回答は締め切られました。

ベストアンサー

A.1
2018/03/27 10:06
トランザクションの種類に新しく「アグリゲートトランザクション」というものが追加されます。直訳すると「集計取引」です。特定の複数トランザクションを同時に処理することが可能になります。
ものすごくざっくりいうと、「何か交換するときに、どっちが先に相手に物を渡すのかを考えなくて良くなる」って感じでしょうか。

例えばあなたがチケット販売会社にXEMを支払い、支払いが完了したらチケットモザイクを受け取るような取引を考えてみてください。本来、あなたがXEMを支払うこととチケット販売会社がチケットモザイクを引き渡すことは、同時に実行されなければどちらかが不利になる可能性があります。(持ち逃げの可能性)しかし、今のNEMブロックチェーンでは、こういった「複数のトランザクションを同時に処理する」ような仕組みがありません。これを実現するのが、アグリゲートトランザクションです。
 
アグリゲートトランザクションは、複数のトランザクションで構成されています。上記の例でいうと、

①あなたがXEMをチケット販売会社に送る
②チケット会社があなたにチケットモザイクを送る

という2つのトランザクション情報を持っています。 このアグリゲートトランザクションが発行されると、あなたとチケット販売会社は、この取引を承認するかどうか確認されます。両者の署名がそろった場合にのみ、トランザクションは正式に承認され、①と②の両トランザクションが同一ブロックに記録(=同時に処理)されます。もう持ち逃げされる不安はありません。

ちなみに、今回の例では2人で物を交換する場合を考えましたが、もっと大勢になってもアグリゲートトランザクションで処理できます。(AさんはBさんにモザイクXを、BさんはCさんにモザイクYを、CさんはAさんにモザイクZを送る、とか)

同様に、1人がその他大勢に対して同時に送金するような場合も処理が可能です。

そのほかには、異なるチェーン間(例:パブリックチェーン⇔mijin)での取引を同時に処理する仕組みとかが追加されているようです。

ベストアンサー以外の回答

A.2
2018/03/31 04:06
1の方、非常にわかりやすいですね。
質問者ではありませんが、大変参考になりました。
ありがとうございます。